お知らせnews

煎茶を味わう、自然観と美意識

暦の上では春。
まだまだ寒い日が続きますが日差しの中に少しずつ春を感じ、春を告げる野菜たちを目にする機会も増えて参りました。そんな2月のイベントは、和久傳の茶番、利招園茶舗さんとのイベントです。
今回は単一畑・Single Originの煎茶が持つ『(太陽と大地・水そして作り手)のメッセージ』と丹のお料理とのマリアージュで何が生まれのか。
皆様に急須をご用意し、一煎目二煎目三煎目と温度による風味の移ろいと、丹の食事との掛け合いを心ゆくまで味わって頂きます。当日は利招園茶舗の利田社長にお越しいただき、お茶についての深いお話もうかがえる貴重な機会です。煎茶にじっくり向き合い、お茶の美味しさと無限の可能性を感じることのできる素敵な時間。
ぜひお越し下さい。
<日程>
2月24日(土)18:00〜21:00
    (受付)17:30〜
<場所>
京都市東山区五軒町106−13 
 
<料金> 12.000円
 
<定員> 12名
※当日お支払い下さい。(クレジットカード不可)
 
◯お申込/お問合せ先
 丹 075−533−7744 担当:宮瀬
 お名前、参加人数、お電話番号、お苦手なものアレルギーなどございましたらお教え下さい。